ぷるるん唇

MENU
いくら美人でも、ずーっとムスッ!としていると感じ悪いだけではなく、美しさも半減以下ですよね。
もしかすると笑顏を作るのが苦手という方が多いのかもしれません。
理由は
  • 目尻にシワが出来る
  • 虫歯(銀歯)が気になる
  • 黄色い歯が気になる
  • ホウレイ線が気になる
  • 歯ぐきが気になる
  • 口臭が気になる
といったところでしょうか?

話すときには相手の目を見ることが多いと思いますが、意外と注目されているのが口元なんですよ。

いつも笑顔でいれるために、日々の生活を見直してみましょう。
お金をかけなくてもできることがたくさんありますよ。

くちびるのケア

リップにしろグロスにしろ
縦ジワ消してぷるるんリップ
といったキャッチコピーが多いですよね。
もちろん乾燥してカサカサガサガサになる唇も要注意ですが、加齢など他の原因も考えられるので要チェックです。

くちびるのシワの原因

  1. 乾燥
  2. やっぱり一番の原因は乾燥。
    唇って皮膚ではなくて粘膜なんですって!
    なのでターンオーバー(肌の生まれ変わり)は皮膚より早いのですが、粘膜だから乾燥しやすいんです。
    ※だから口の中の傷や口内炎はすぐに治るって昔から言われますよね。

    乾燥しやすいなら舐めとけばいい!なんて問題ではなく、舐めるだけだと余計乾燥するそうですよ。
    お肌も化粧水をつけただけだと蒸発して余計肌が乾燥する。っていいますよね。(だから乳液・クリーム・オイル等でフタをしなきゃダメ)
    唇も同じです。

  3. 老化
  4. 皮膚と同じように老化によりシワが増えます。
    老化を止めることはできませんが遅らせる(老化の速度をゆっくりにする)ことはできるハズです。

  5. 紫外線
  6. 最近はUVケア対応のリップクリームやリップ下地も多いですよね。
    実はくちびるにこそ紫外線ケアをしっかりして欲しいのです。
    唇は角質層が薄いので影響を受けやすいそうですよ!


くちびるをプルプルにするための方法

  1. 保湿
  2. 日中は口紅、グロスの前にリップや下地で潤いをキープ。
    夜はリップなどでケアをします。

    スペシャルケアとして「リップパック」などを取り入れるとさらにGood!
    リップパック系の商品も売っていますが、気軽に出来る方法を伝授しますね♪

    〜簡単リップパックのやり方〜
    1.リップクリームをちょっと厚めに塗り、サランラップでパックします。
    2.5〜10分後にサランラップをとります。
    3.余ったリップクリームは優しく拭き取りましょう。

  3. UVケア
  4. 日中使うリップクリーム・下地はUVカットの効果があるものを使いましょう。
    お肌に使うものをそのまま使うのは乾燥しすぎる危険性もあるので、なるべく唇専用のもの(UVカットの入ったリップクリームで充分です)を使用しましょう。



口元のたるみとホウレイ線

口元がたるむと老けてみえますし、ホウレイ線の原因にもなります。
口輪筋(こうりんきん)を鍛えることで、口元のたるみ予防になりますので、簡単な運動を3つご紹介しますね。

その@お箸で運動

用意するもの:お箸
  1. お箸を横にして前歯でくわえ、唇をピッタリ閉じます。
  2. 上下の唇をつけたまま、唇をできるだけ横に引きます。
  3. そのまま5秒キープします。
  4. 唇を閉じたまま、口角を出来るだけ上げて「ニッ」っと笑うようにして5秒キープします。
これを1セットで数回繰り返すだけです。
簡単なのですぐに出来そうですよね。

そのAぐるぐる運動

  1. 舌を思いっきり出し目を大きく開けて5秒キープします。
  2. 口の中で舌を歯とくちびるの間を通ってくるくる3回まわします。(逆回りも忘れずに)
これを1セットで数回繰り返します。

私はトイレでこれをしています。
以前、車を運転中にして対向車の人にビックリされていまい、外でするのをやめました。

そのBふぐ運動

  1. 口のなかに思いっきり空気を入れて頬っぺたを膨らませます。
  2. 口の中の空気を押し出すように唇の周りに集めます。
  3. 唇の周りの皮膚がピンっと張った状態で10秒キープします。
これを1セットで数回繰り返します。
これは車を運転中や仕事中こっそりできそうですよね。

どれも簡単な運動なので、取り入れてみてはいかがでしょうか?


歯のホワイトニング

「芸能人は歯が命っ!」なんてCMがありましたね。
日本も最近では結構言われていますが、アメリカなどでは歯並びの矯正、歯のホワイトニングは常識なんです!

元阪神タイガースの新庄選手の歯を見るとよくわかりますね。
ですので、歯のホワイトニングで有名な薬剤等はアメリカのものが多いです。
自宅でも出来るものから、歯科(審美歯科)でする本格的なものまであります。

お値段はピンキリですが、歯の着色等で悩んでいる方はまずはホームケアから試してみてはいかがですか?
肌が白くてキレイでも歯が黄色くてガタガタだと、笑った瞬間みんなが一歩下がってしまうかもしれません。
今は歯のホワイトニングは日本でも常識になりつつありますよ。

毎日のケアでは『美白歯磨き粉』を使う。という手もあります。
これなら2,000円弱ほどで購入できますし、毎日使うハミガキ粉を変えるだけなので簡単ですね。

特にタバコを吸う人はヤニなどで黄色くなりがちです。(タバコは内側からの老化も早めるのでなるべくやめましょう)
そういう方は毎日、そうでない方は週に1回でも専用の歯磨き粉を使うのをおススメします。
タバコだけでなくステインが付着しやすい食べ物を好きな方(赤ワイン・コーヒー・お茶など)も注意が必要ですよ。

ホワイトニング液も簡単に手に入りますが、使い方をよく確認してから使用しましょう。
並行輸入のもので使い方がよくわからない。というものをよく確認せずに使いトラブルになることがあるそうです。
心配な方は専門のところでしてもらうのが一番です。
お値段は数万円かかるようですよ。

口臭

男女問わず気になるエチケット問題。
人と接近して話す機会が多い人は得に気になりますね。
まずは、口臭の原因から探っていきましょう。

口臭の原因

口臭の原因は1つではないそう。
あまりにもひどい場合は何かの病気の可能性もあるので要チェックですっ!

口の中が原因の場合
  • 食べ残し・歯垢・プラーク・歯石
  • 虫歯
  • 歯槽膿漏
  • 舌苔
  • 口腔内の病気
  • 唾液の減少

身体の中に原因がある場合
  • 内臓疾患
  • 鼻・のどの病気
  • 呼吸器系の病気

一時的なもの
  • アルコール
  • たばこ
  • 食事
  • ストレス
などがあるそうです。

口臭を予防する簡単な方法

自宅で出来ることは、
  • ハミガキ・舌磨き・歯ぐき磨きをもう一度チェック。
  • 人と会う前は食べ物に気を付けること。
  • サプリメント等でニオイを防ぐこと。
などでしょうか。

歯はきちんと磨けているけど、舌や歯ぐきはノーマークな人も多いようですよ。
歯並びがよくない人はデンタルグロス等を使うときちんと磨けます。

そしてその人の体質、食道から胃への形などで臭いが上がってきやすい人がいるようです。
そういうタイプの人は特に注意が必要です。
ローズサプリなど、口臭予防サプリでありつつ、女性にうれしい成分も入ったサプリメントが多く販売されているようなのでチェックしてみるのもよいかもしれませんね。



いかがでしたか?
比較的簡単に口元の老化を防ぎ、笑顔になれる方法があったのではないかと思います。
この少しの努力が、美を若さを保つ第一歩だと思います。

やはりいつまでも美しく、若々しく過ごしたいですものね。